タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カッコー
暑いから、やる気が出ないのは、仕方がない。
誰も否定できない。
誰にも否定されたくない。

ダレモマモッテクレナイ・・・。

せめて映画を見ることが、仕事だと自分に言い聞かせ映画館へ。


やっぱり『クライマーズ・ハイ』はおさえておかなければ・・。

およそ2時間半の大作、しかも原作を読んだし、ドラマ版も見たし、
飽きてしまうのかと思ったが、いやいや、良いですね~。

「農二!」とか「藤岡!」とか、寝てても起きちゃうようなフレーズがてんこ盛り。

そんなことはいいんだけど、実録映画というよりはしっかりしたお話でした。



で、このクラハイと同じく、2時間半ほどの尺で、しかも原作を読んでいる作品・・・
『20世紀少年』の試写会に行ってきた。

ああ、あの長~いマンガをどう料理するのかな~と思ってたら、
なんと3部作!(知ってたけど)

その第1章。
完全に第1章。

でも、面白い。
マンガ見ないで観たほうが、やっぱり面白いかもな~。


とにかく、この2作で、過去を振り返らずにはいられなかった。

地元を意識した上で、20世紀を省みる。

う~ん、確かにアノ頃はバカばっかりしてたな~・・・と思うのと同時に、



「あれ、おかしいぞ、今はもっとバカなことをしているぞ。」




2008080521030000.jpg

ということで、帰りに池波正太郎も愛した慶楽でスープチャーハンを食べた。

スープとチャーハン、別々でいいや。

そんなもんだな。
料理も映画も・・・そして、人生ってやつも。



スポンサーサイト
お前か~!!!!!

最高。

本当にここ数年で最高。


映画じゃない。

でもDVD。

最高だな。















vpbq-19050.jpg




マキシ

すごいね、コレ。



寝る前に流してるけど、全部見ちゃって、朝まで眠れない。






ドラムのね~ちゃん、意外としゃべるんだね。

筋肉あるし・・ってか、ガタイいい。





誰かに似てるな・・

<以下・内輪ネタ>









2008032803330000.jpg


ミ○グ


動画はもっと似てる。
DVDあと、1セット余ってるけど、誰にあげようかな?
やっぱり、マキシファンの「マシキマム・ザ・亮ちゃん」かな。






オールラウンダー

名古屋以来、『グルメリング』と『シネマリング』が止まらない。


名古屋の翌週、大阪では・・

2008031519330000.jpg


真ん中をずっぽし潰して、蓋をして蒸す『おかる』。
これはいい。
全く、お腹にたまらない!
ボンビーメンには向いてない。


2008031520270000.jpg


そして、かすうどん。

関東人には馴染みがないけど、こっちで当たり前らしい。
すじ肉のようなものをすっかすかになるまで揚げて、脂をとばしてヘルシーになった
通称「かす」が入っている。
すっかすかなのに、そこから出汁が!
これは新食感。
店は『山本』??

で、最後は初心に帰って・・・

2008031523550000.jpg


これですね。


ちなみに、夜であと2軒。
さらに朝、あと1軒行ったけど、そこはシークレットで。




まあ、何、食おうが、関係ないね。

面倒くさいから映画は次にする。



っていうか、やっぱりオレ、自営業でも芸能人でもないのに・・
なんで、こんな報告してんだろ??

って改めて思う。



やめてもいい?


GYUNYU
またまた全く関係なく映画を見た。

きっと変な動画サイトを発見したに違いない、と思われるほど、
最近、無意味な映画を見ている。
っていうか、なんとなく見逃していたものを見ている。



今回は・・・・


『UDON』


UDON



まあ、映画はともかく・・・うどんは美味しそうだった。

ガンコなご主人が、チビっ子にそっとうどんを食べさせてあげるシーンを見て、
過去のトラウマが爆発した。









小学生の頃、毎日、給食に出される牛乳が市内の牛乳工場から配送されてきた。
その配送車が着く場所の近くには、ストリートフットボールに相応しい場所があり、
いつの日か、自分は牛乳を運び入れる若者と親しくなった。

「牛乳のお兄ちゃん」と呼ばれていた彼・・・すみません、イージスとは本当に無関係です。

牛乳のお兄ちゃんの口癖が、
「今度、工場においで! 好きなだけ牛乳を飲ませてあげるよ!」

そう言われても牛乳なんて、それほど飲めるわけではない。
そんな僕らに・・

「コーヒーもアップルもあるさ! ミックスもあるよ! 絶対、来いよ!」
満面の笑み。
いや、味の問題じゃなくて・・。


とは、思いつつ。
今もなお持ち続けている社交性が災いしたのか、あまり自己主張しない友人を連れて、
ある日・・その牛乳工場へ。

おそるおそる覗き込むが、兄ちゃんはいない。
そこで、持ち前の社交性を発揮して、「○○小に配送をしているお兄さんに呼ばれたのですが?」
と、オッサンに尋ねる。
すると・・・

程なくして、兄ちゃんが現れる。
いつもの満面の笑みではなくて、引きつった顔で。

















「(リアルな舌打ちあって)マジで来たのかよ・・

ちょっと、あっちの角、行ってろよ・・。」











あららら・・これはこれは・・・・。
と、思いつつ一応、待たなければならないと思う幼きボク。


しばし、待つと、小走りにやってくる兄さん。




「ホラ、これやるから、さっさと帰れ!」

「これ白じゃん・・コーヒーとか・・ミックスとか・・」

「いいから! ビンはそこに置いておけ。」


立ち去る兄さん。

















ただ、なぜか、それほどショックではなかった。
まあ、そうだろうな~と。


一つだけ願いが叶うなら、現在の兄ちゃんの住所とか連絡先とか知りたい。


あ、そうだ・・・














デロリアン





コレに乗ればいいや。




本当にやってないから
すごく今さらだし・・

昨日、TVでやってたのに、それで見たわけでもなく・・・


普通に、個人的に見た。







『それでもボクはやってない』

ぼくはやってない


やってないんだろうね?


「裁判官を裁けるのは、ボクだけだ。」というのはなるほど。

やってないからね。









お酒が好きでね、自分。

そうなると、もういかに混んでようと電車。
酔って乗る電車も好きだし。



ただ、触るとかないから。

そっちじゃない。
そういうのは理解できない。


なので、みんな、守って。
捕まったら。
ってかなるべく女子は避けてオッサンのところに行くようにしてるけど。
これはこれで結構キツイ。

っていうか、もう電車乗りたくない。


なんだかんだのトラブルで、クルマ売却して10ヶ月ほど。
そろそろムダに買おうか。
すごく眠いときにクルマ通勤はツライけど。
裁判はもっとツライから・・・。



こんな感じの

デロリアン








これで過去・未来に行って、やりたいことがあるんだ。



当てて。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。