タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッド・オア・アライブ2009
あなたは、yahooのトップページを見て、心臓が一瞬、止まったことはありますか?

私はあります。

そんなボクです。
ご無沙汰しております。



2009年に入って、やたらと「生きてる?」と聞かれます。
おかしなことを言うね、みんな。


生きてます。

が・・本日、彷徨ってきました。
生死の境を。






有名な話ですが(ごく身近な人間の間で)、自分、ひどい花粉症なのです。
今まで、いろんなものを試しました。
もっとも効果があったのは、尻にステロイド注射を打ったときです。

「初めての春」


でも、これはやりません。


そんな中、ここ数年、台頭してきた治療法・・それが、レーザー治療!
レーザーと言えば、整形!ってことで怪しい!
でも、いろいろ調べたら・・

「一瞬で終わって、その日に帰ることができる」

「ちょっと出血するが、痛みもなく安全」


みたいな、軽い夜の営みみたいな、すごく楽しげな文句ばかり!
しかも、1シーズンは確実で、ノリがよければ(何の?)3年くらい効果があるらしい!




ということで、ネットで検索して、良さそうなお店、じゃない病院を予約。
先週、血液検査をして、遂に数時間前に手術に踏み切りました。

そういえば、昔、ネットで探した不動産屋にだまされたとき、
保障協会の人に「大事なことをネットでやるな!」って滅茶苦茶怒られたな。

いやいや、大丈夫、大丈夫。




病院に着いて、サクっと呼ばれて、サクっと別室に通される。
最初は、麻酔だ。
何でも、麻酔は、鼻に数枚のガーゼを入れて、30分ほど待つらしい。

レーザーで焼くのは、鼻の奥のほう・・ガーゼを入れて、そこまで麻酔かかるのか?
わかった・・仰向けになって、液体が流れるようにするのか??

診察室に通され、イスに座らされる・・・どこかで見たことのある背もたれが直角なイス。
何かが頭をよぎる。

まあ、いいや。


小太りの先生・・あれ、これもデジャブ??・・が、ガーゼを鼻の中に入れる・・・・
















入れる入れる入れる入れる入れる入れる入れる入れる

挿れる!挿れる!挿れる!挿れる!挿れる!挿れる!






ああ・・・2006年1月31日「デッド・オア・アライブ」から、
3回連続くらいで掲載した記事を見てください!
「デッド・オア・アライブ」

「デッド・オア・アライブⅡ」

「目覚め」




そういうことか~・・・

白くて細くて長いガーゼが、ずるずる鼻に、っていうかのどに押し込まれていく。
ほっしゃんだって、最近、やらないのに、オレはやっている、ジャスト・ナウ。

逆サイドノーズホールにも、ズルズルズルズルやられる。
思い出す「あ、こっち狭い方だ・・」なんて。

この病院、変なんだよな。
大の男、半分、オッサンが鼻にガーゼ突っ込まれて、涙ボロボロ流してるのに、
隣で看護婦さんが二人で「キャッキャ キャッキャ」はしゃいでる。

まあ、嫌いじゃないけど。うん、イヤじゃないよ。





別室で30分ほど待つ。

少し経つと・・・息ができない。


”息ができない”・・・・???









正確には、のどの方に落ちてきた麻酔が効いてしまっているため、つばを飲めないのであって
息ができないわけではなかったけど、一瞬、パニック。

でも、過去、何万件も手術例があるわけで、特に何もないんだから、大丈夫だよ、オレ・・と
気持ちを落ち着ける。
ヨダレを流しながら。



まあ、これだけ前準備を整えれば、そりゃあ、手術自体は何でもないだろ。
そういうことね。
確かに、間違ってはいない。

でも、このハードなスタンバイの情報も欲しかったぜ。



・・・30分経過・・・。

診察室に通される。

直角のイスに座ると、手首に”電気を逃がすアースの役割を果たす”という
バンドのようなものをはめられる。





電気を逃がすバンド???


なんか、この状態・・・・














完全、電気イス





しかし、これだけでは終わらない。









「歯ぐきがピリっとするので、麻酔を塗ります。」





歯ぐき??
ピリッ?????



レーザーって、電気と何か関係が??
手首には、電気を逃がすバンド????



「さあ、焼いていきましょう・・・・・・・・ガマンして。」



















ガマンして・・????






















ドリュ! ドリュドリュドリュ!

ドリュリュリュリュ!!

ドリュドリュ! ドリュドリュリュリュ!!



ビリ! ビリリリリ!

ビビビ!! ビビビビビ!!

ビビー!!

ピーポコピー!!








言葉って何て無力なのだろう。
表せない。

何か、確かに電気ショックってこうなんだろうな~、って感じ。

しかも、電気の力で鼻の穴から前歯にかけての部分をぶち抜く感じ。

いや、電磁力を帯びた手(なんだそれ?)の人差し指が鼻に、親指が口に突っ込まれ、
すごい力で鼻と歯の間の部分(なんて言うんだ、ここ)を、引きちぎろうとしている感じ。

っていうか、単純に「電気イス」な感じ。


片方が終わった時、真剣に
「もういいです。片方でいいです。こっちはクスリ飲みます。」
って、訳の判らないこと言おうと考えた。

でも、やられた。

で、もう完全、フラフラ状態で終了。

オレが電気、流されている間も、看護婦二人は「キャッキャ」言って笑ってた。
まさに白衣の天使。


ふ~、この手術って、術後、鼻が詰まって、鼻水が大量に出るんだって。
それって花粉症じゃねえ?














2009年初頭、国立競技場でスポーツ観戦をしました。
大学ラグビーと大学サッカーの決勝。

ラグビーでは、同級生が帝京のトレーナーを務めていました。

DSC00390.jpg


まあ、カメラテストですね。

りょうちゃん、誕生日、おめでとう。
同い年だね。

スポンサーサイト
続けるか やめるか それが問題だ
どうすればいいのだろうか?


近いからジムに行っていまして。

最悪、ミストサウナ&ゲルマニウム温浴だけの日もありますが、
それは男女兼用なので、当然、水着着用であって・・

本当に毎日、水着を着ることになるが、アイツは結構、消耗が激しい。

だから、昔はたま~に買ったものだが、ここ数年はフラ~っと立ち寄った
スポーツショップで、チャチャっと買っているんです。


で、2着くらいで回している。
今日も、一個、擦り減ったな~と思って、買い足した。

以前のはブラックとネイビーだから、明るい色にするか・・・

何の気なしにホワイトに近いグレーを。



試着しないで、家でスタンバイ。
かなりタイトだけど、まあいいや。


トレーニングして、いざプールへ。




でね、この水着、白っぽいから当然、”インナー”がついてる。
ただ、このインナーが、肌色、濡れるとかなり肌に近くなる肌色。

2008071101250000.jpg




まあ、透けないことは透けない。
グレーの表面の裏に肌色が見えているけど。
正確に言うと「透けそうなものを肌色にして表現する」って感じ。


だから、お毛毛とかはいいよ。
やつらは肌色になることで、見えなくなる、これ当たり前。


しかしですよ。
小生のマックスくんがですね・・・この水着かなりタイトなもので・・。

ブラックとかネイビーだと、ほとんど気にならないけど。

しかし、今回はグレーの表面の裏側に、マックスくんの形をした肌色のものが見え隠れ、
いや、ハッキリと存在。

「マックスくんの形をした肌色のもの」って、これ事実上、マックスくんではないですか?

つまり、オレが行っているジムには、


「毎日、事実上、マックスくんを透けらかしている中年」



が、現れていることになるわけで。


ただ、”事実上”なだけで、もちろん透かしているわけではないので・・

どうすればいいか、悩んでいるところだが・・・











正直・・・・かなり・・・











オイシイことになっている。





キレイゴト
空気のような存在のAダチくんが難色を示し、
自分を変えようと、何となくひらめいた”学友”を集めてみる。

4年間、一緒に過ごした友人。
本当にどこにいても、何をしてもコイツらがいた。
ときには笑い、ときには泣き、そして時には互いを叱咤激励し、
激動の4年間をともに駆け抜けてきた、言わば戦友たち。







と、みなさんは言いますが。
いや、別に・・。

まあ、そう言われればそうだけど。
自分で頑張ったし、アイツらもそれぞれ彼女とよろしくやってたし。
ってかアイツら、サッカー下手だったし・・。
ってか、ラグビーだったヤツいたし。

と・・・。
社会に出ても、全然、集まらない。
集まろうと呼びかけても集まらない。
何しろ、幹事が「集まりましょう!」メールをした直後、「オレ、その日ダメだった」メールを
返信してくる始末。

今回もそう・・アホ幹事が土曜あたりに「火曜か水曜に集まろうぜ!」って言ったから、
みんな都合つけようとしたら・・「え、来週だよ」でドボン。

アイツ、おそらく日本人的時間感覚がないんだ。
アベヒロシ面だから。

だから、もうオレが勝手に飲むから、今週、やっちゃおう!とやってみた。
最初、独りになる気がした。
別にいいや、アノ店だし。

でも、ちょっとした思いが頭をよぎった。
「いや、来るだろう。」


そして、オレ以外に3人来た。
予想通りだ。

何せ、彼らは仲間内でも「早くに結婚して早く子供ができた人たち」だからだ。

そう、彼らの子らは3~6歳になり、手がかからなくなってきたのだ。
そうなると、子供と母親の第二次育成タッグが結成され、彼らはかなりのヒマになるのだ!!

しかし、今まで「ウチのガキが・・」と言ってしまっていた手前、「遊んで!」と言えない時期。
ふふふふふ、戻ってきたな。

またかわいがってやろう。



そして、もういっそ顔面さらしてやろう。


マサオたち




真ん中がアベヒロシ。

ってかモノホンじゃねえの?




まあ、懐かしい友人たちと逢ってみて、確かに青春を感じるが、
「オレの原点はここだ!」とか、思うことは全くなく、
まあ、それぞれやっていかなきゃならないわけで。
もうちょっと若ければ、オマエがあの会社か~、とか、いくらもらってるのか~とか
なんかあるけど。

かといって・・「いや~先日の人事で部長になっちまって・・」みたいなメンツでもなく・・・

まあ、かいつまんで言えば・・・














いてもいなくても





みたいなことですかね。
だから、誘えるね。

ってか、出世しろよ、コイツら!!


あと、ササ、マジで来るの遅い。
しかも酔っ払っていて、かなり失礼。
(以上、業務連絡)

















カンベン・シロ・クロ・ピンク
いや~、マジで勘弁してくれ。


河村隆さんの10周年ライブを見ながら思う。
いや、兄さんの話はどうでもいい。










私がなぜ、今、仕事をしているか? 動けているか? 生きているか?
それは、ヒロスエさんのあのCMのおかげだ・・














ブラジャーが透けるほど・・・・

ヒロスエ



このコメントが不適切だとかで、差し替えられた。

変な意味じゃなくて、すごく共感できたコメントだったのに。
そういう汗のかきかたってあるよね! みたいな。
透けるよね! 的な。



あ~あ・・。



そんなことはさておき・・・・


河村さんのライブはすごい。
わかりやすい。

今度、完コピします。












初びっくり

絶対、同じこと思った人いるはず!!









『大晦日だよ! 緊急キミヅ会』で元日の朝まで飲んで、家に帰る。
ポストには、そう年賀状!
楽しみ 楽しみ

部屋のベスポジで一枚一枚、ゆっくり読もうと大切にバッグに仕舞い込む。

「後で・・ゆっくり・・」と自分に言い聞かせてはいるものの、
仕舞う直前に、もう一人の自分が”チラ見”してしまう。

宛名ではない面、いろいろメッセージを書く方の面がちょっと見える。
かなりの達筆、そして幸せそうな写真と沢山のメッセージ・・・

最後に名前が見える・・・・・














吉永小百合









あれ?
オレ、サユリストだったっけ? 『母べえ』の脚本、手がけたっけ?
ってことは、何か番組でご一緒したっけ? ズバリ言われたっけ?

いろんなことが0.5秒ほど頭をよぎり、耐え切れなくなりバッチリ見てしまう。

そう、もうお判りね。
そういうこと。


KFullFlash20071215024_m.jpg



絶対、びっくりした人いるはず!
いないかな~。


それからそれから・・

年が明けてから、まだ誰からも電話が来ていない。
完全におかしい・・・電話が。

きっと壊れている。

















ってことで今、機種変更してきた(実話)。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。