タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小劇団ひとり

先日、どーしてもモツ鍋が食べたくなったので、
比較的、遅い時間でも空いている近所のモツ鍋屋さんに
行きたくなった。

行きたくて仕方がなかった。

一人焼肉は、もう常識になったが、”鍋”となると、
ちょっとハードル高い。

でも、どーしようもなくて行っちゃった。


もう、毎度、毎度のやりとり

「いらっしゃいませ、何名さまですか?」
「ひとり」
「はい、おひとりさま・・・ん・・ええ・・はい!!」

自然なノリツッコミというか、なんというか。
狼狽ぶりがありありと。

「それでは・・それでは・・こちらどうぞ!」

必要以上に戸惑って、普通のカウンターを示した茶髪の彼。

だって、そこの店は、モツ鍋にしてはかなりこじゃれてて、
ちょっとした横並びのカウンターがあったからさ~、
行ってみただけじゃない。
確かに、カウンターのシートは、
何となく2つずつにレイアウトされてたけど。

なので、ガシガシ食った。
本来の目的であるモツをガシガシ。

すると、隣にカッコイイ風なメンズが2名。
どうやら、片方がこの店のいきつけで、もう片方を誘ったらしい。
で、こっちに全く、気づかず、こんな会話・・

「い~店じゃん、よく来るの?」
「ん、まあね。」
「ひとりでも来る?」
「ひとりじゃ来ないっしょ? 鍋だもん」
「だよね~」

そう、いい終わったあと、何たらトニックだか、なんたらガフを
飲んでた彼らが、芋炭酸を飲んでいるこっちを見やる。

「ヤバい!」っていう顔をする。
その後、「すみません、先輩!」って顔をする。

それをするな。
オレはオレで幸せなんだ。

気を使うな。
せめて、因縁つけてこい!
パンチしあって、川原で語り合おう!
そのほうが数倍、楽だ!

でも、彼らは大人だった。
先に帰っちゃった。

そりゃあ、ひとりでモツ鍋食いながら、夕刊フジ読んでる
色男がいたら、落ち着かないわな。



そういえば、以前、フジTVのトイレで
MAXしてたら(大に入っていたら)
小に入ってきた2人組が

「知ってっか? ○○と××、付き合ってんだって?」
「マジ?」
「大マジ」
「だって、○○は△△と付き合ってたじゃん?」
「その後、××だよ。」
「え、じゃあ・・・あ!!!!」


ビッグネームが並べられた会話の最後の「あ!!!」は、
ひとつクローズされた個室にSTAYしているオレに向けられたもの。

いや~、しかし、すごいネタだったな。






当ててみて?
スポンサーサイト
ゴミの島
かっちり飲みたかっただけさ。

何やら遠いところに行った。
酒男爵が集う、ということで
前日、5年ぶりくらいに酒を抜いて最高のコンディションで
臨もうと思っていたが、急な誘いもあり、
フラフラで人口島に乗り込む。


すると・・



CIMG0767.jpg




すごい!
よく見えないかもしれないけど、右から・・

●巨人の牛若丸! 高橋ヨシノブ!!
●ID野球の申し子! 古田プレイングマネージャー!
●日ハムの武蔵! 小笠原!!!??
●夢の160キロ! ベイのクルーン!!
(注:自分、野球ぜんぜん知らないっす!
キャッチフレーズはもちろん、名前までうろ覚えですが合ってる?)

野球ファンなら泣いて喜ぶ面々が、なぜか暇そうにマッタリ!
ダメな大人みたいなたたずまい!!



そんな幸せなときをすごしていたら、
また長澤まさみオタクのヤ○ザが、

CIMG0716.jpg



オレの持ち株について、やいのやいの言ってきたので、
またまたミンチにしてやりました。




彼は、前回に引き続き・・

↓前回

CIMG0717.jpg



またまた、ぐったりしました。

CIMG0768.jpg




ただ、このままではタイーホされてしまうので、
前回、一生懸命、コイツを引っ張ってくれた犬を探しましたが、
今回はいません。


なので・・

CIMG0769.jpg




細かく刻んで焼き上げてみました。



こんなことはどうでもいい。

一日、かけたのに、かっちり飲めなかったことが残念だ。




オシム語録:
「女は裏切るが、酒は裏切らない。
いつでもどこでも誰とでも、僕を確実に酔わせてくれるから」


・・なんていうわけねーだろ、あの巨人が!!
近くて遠い県
静岡に出張。

これまでも、かなり良いサッカー番組を作っていたテレビ静岡から
新番組のお呼びがかかった。

内容はまだ明かせないけど・・
ドイツW杯でなぜ日本は敗れたのか?
何が足りなかったのか?
みたいな、ユニークな番組。

まずはサッカー解説者、風間さん(飲み仲間)が、
清水でやっている「スペシャルトレーニング」を取材。

街全体で協力してるという、このスペトレ。
もちろん、清水が誇る「Jステップ」
(2002年にロシア代表が合宿したところ)
で、ガンガンナイターでやっているのかと思いきや・・
高校の土のグラウンドでやっているとのこと。

あ~あ・・と思ったのもつかの間・・・
”清水”で”高校”・・!!!?



ということで、やってきました。



CIMG0751.jpg



キヨショー!!!!!!!

やっぱり感動しちゃうよ!
あのキヨショー!!


そして「スペシャルトレーニング」がスタート。


CIMG0753.jpg






このスペトレ、すんごい!
何がすんごいかって・・・


大体、中1から高2くらいまでが集まっているんだけど・・
清水東と清水商と清水FCから選抜された人間だけが
参加を許されるトレーニングなんだって!!!


ドッキドキではじまったスペトレ。
まずは、ボール回しから。




CIMG0754.jpg






30人くらいを半分に分けて、5つほどのボールを使い、
ボールを取られたら、取られた人間と交代して
取る側にまわる、という単純なもの。
一定時間が経って、取る側だったら、ちょっとしたジャンプの
罰ゲーム。

すんごい、構えてたけど、「これならオレも入れそう」と
最初は思ってた。


でも、違う。

それに気づいたのは、自分たちが幼少時代にやっていた頃と
比べてみたから。

オレたちだったら・・
・アップだから、かったるい
・罰ゲームがイヤだから、パス回しにかかわらないようにする
・微妙な判定のときに相手のせいにする
などなど

その瞬間を何とかやり過ごすことに終始する。

しかし、彼らは・・
・ガンガン、テクを使う
・どこかでボールを回した足で、そのまま振り向いて、
 別のボールに絡む
・何かの順番であるかのように、取る側に回る

書いてみても伝わらないけど、
とにかくブラジルみたい。

この年代で、この年代にありがちな子供同士の無益な争いがない。
その辺もスペシャルなんだな。



続いては、シュート練習。
これも2列に分かれ、片方からパスを出して、
片方が止めてシュート!
という至極、単純なもの。


CIMG0756.jpg


(※ちなみにこの右の二人が風間さんの長男と次男!
二人とも将来の日本代表候補。
父親がつけていた8番を二人ともつけているのがカワイイ)


シュートって、出す側があわせて、それをFWが受けて蹴る。
つまり、出す側が悪いとダメみたいな感じだけど、実は違う。

FWには「引き込む動き」ってのがあって、
日本のFWはそれが下手。

わかりやすく言うと、世界で巧いのはオーウェン。
確かにVTRなどで見てみるとすごい。
狭いスペースでも出せるスペースを生み出すのはもちろん、
オーウェンは、手で示してみせたりする。


そのためのシュート練習を延々と繰り返す。
オレたちのころは、シュートが入るか入らないか、で考えてた。
ズバっと決まるか? 上に外れてテニス部のコートにぶち込んで、
ロマンスを育むか・・?

次元が違う。
しかも、彼ら、一瞬のスピードで受けたら、
もうシュートは当然、外さない。

でも、満足しない風間さん。
このあたりから、ちょっとついていけなくなる。


とにかく、いろいろ大変らしい、清水では



そして、ラスト・・どんなものがくるのかと思ったら・





CIMG0757.jpg



やっぱりゲーム。
オレらといっしょじゃん。


で~も、違う。
テクニックはもちろん。

全体的に「うまくなるためにやっている」というのが徹底されてる。

例えば、オレたちのころだとやっぱりやらされてたから、
「コーチに怒れないように」
「トモダチに嫌われないように」
考えてたから。

その証拠に、持ちすぎちゃったり、変なところにパスを出したとしても
ちょっとした名門高校でも聞かれる
「中途半端なことするなよ!」
「見て出せよ!」
という声は、全く聞こえない。

かといって、超ハイレベル人間が達観してサッカーをやっている
わけではない。
オレから見ても、ミスはミスだな、と思う。

じゃあ、なんで?

その原因は、ラストのミーティングで判明した。

「もっとアイデアを出せ」

通常の練習は、それぞれの学校でやっているので、
ここはさらに技術を重ねるための場所。
特に、技術といっても、技というよりは考え方。



結構、そこの差は大きい。
逆にいえば、ちょっと考えを変えただけで、格段に巧くなる。



ということで、風間さんにもっとお話を聞くために、ここへ。




CIMG0758.jpg



ちなみに、カズの兄、ヤスがいて、挨拶しにきてくれた。
さすが静岡。
メンバーが足りません
「メンバーが足りません」
井原くんがしっかりしたCMで言ってた。

で、オレにもメンバーが足りません。
一緒に飲んでくれる人の。


「トモダチがいません」
「トモダチがメールを返信してくれません」
「R平とA達が電話に出ません」

そんなことを言いたいな、CMで。
何の、CMだ、それ!!

で、トリヒー(一人)で言ってきました、焼き鳥屋さん。
もちろん、こじゃれたバールなんか行かないよ。

たくさんの人であふれれているお店。
わがままなことに、盛り上がりすぎている店はNG。
なぜなら、「人の声が聴こえてこないから」

で、今回も聴こえてきた。
その店には不似合いな美女の口から


「ひとつのことに打ち込んでいる人が好き」


まあ、これ言いますね、女子のみなさん。

わかるけどさ・・その方の例が良くない。







「中田ヒデがサッカーに打ち込んでるとか・・」




まあ、中田ヒデは東ハトにも、なでしこにも、
そしてチョメチョメにも打ち込んできただろうけど、
そりゃあ、サッカーに打ち込んでたな。
ああ、そうだ、間違ってない。


さて、リスナー(?)諸君、何かに打ち込まなければならない!
一言で言える?

ちなみに、それを”仕事”と、言ってしまったら、
かなりすごいことになってないとダメらしい。
(なんだコイツ・・・っていうかそこに聞き耳を立てている
オレの方が怪しいけど・・。)


さあ、アダチのMXor伊豆以外に何がある?





まあ、オレは”ホルモン”かな・・?

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

有楽町~新橋
先日、ドタキャンして代わってもらった
別の作家さんの代わりに
(”代わり”が多くてよく意味がわからない)
緊急登板して迎えたラジオ。

ゲストは、あややとミキティのGAMだった。

あ~あ、決められない。
どっちにするか・・。

でも・・なんだか・・・こなれていた。
なんか・・目の前にいるのに、テレビを見ているみたいだったね。


それが終わったのが深夜。
次の日、っていうか数時間後には新橋のホテルで
オレとアノ人が対談。

アノ人。
あややとミキティの数時間後・・・
















セルジオ越後














楽しかったよ。

少年サッカー時代、一緒に撮ってもらった写真を
実家から取り寄せて、取材の最後に満を持してサインを求めた。


「ああ、古い写真ですね~・・」

サイン、ササササ・・。


リアクション最低。
ちょっとマイナス。


忙しい人は、魅力があるから忙しい。
でも、忙しくなると粗くなる。
壮大な野望があるのだろうが、足元が見えなくなる。



あ、足元見る必要ないのか?
そーだな、せっかく忙しくなったり、
元々、大物だったりするのだから、足元見なくていいんだな。


でも、いいこと言ってた。


人間、何かを目指して・・

到達できなかった者はカネを払い、
到達できた者はカネをもらう。

それがプロの社会だと。


これはすごく正しい。

プロになれなかったサッカー選手
(「目指してなんかないよ」という人も含め)は、
本を買ったり、スタジアムに行ったり、
そして、休日、フットサルをしたりしてカネを払う。
プロに到達した者は、もちろん、サッカーをしてカネをもらう。

歌手になれなかった者はカネを払ってカラオケで歌い、
到達した者は、カラオケで歌われて、カネをもらう。

お店を開けない者は、お店に行ってカネを払う。
お店を開くことに到達した者は、客からカネをもらう。


これが業界。


で、オレの仕事は?

ああ・・到達した人、そしてしていない人、全てを扱って
食い物にして商売にしているスキマスイッチだ。

不健康だな、どっちかにならないと。




ということで、一人ホルモンから帰ってきた。
『結婚できない男』の脚本家は、
きっとオレの後をつけているに違いない。




っていうかさ~、最近、一人飲みに繰り出すことが多くなったからか、
ものすごい接客が気になるよ。
変な人を見る目だもん。

まあ、一人焼肉は仕方がないけどさ~。

哀しくなってきたよ。

テーマ:▼どうでもいい一言 - ジャンル:日記

愛なんかいらない
モニタも交換し、
ようやく仕事の環境が完全に整ったと思ったら・・
今度は本体。

実は、ザトペックさんが指摘されていた通り、
数ヶ月前から変だったの。


電源が落ちるとき、「カン!」だか「コン!」だか、
ちょっと高い音するでしょ?

普通に作業しているときに、あの音が鳴り始めるの。
そう、連続して




「カン!カン!カン!カン!カン!」



近所の踏み切りと完全コラボ。

その後、一瞬、画面が真っ暗になった後、



CIMG0728.jpg




これが出る。

調べたところ、なんでもこの手の画面は、
「BSOD」と言われるものらしい。
”ブルー・スクリーン・オブ・デス!!”の略。

メッセージは
KERNEL_DATE_INPAGE_ERROR
または、
KERNEL_STACK_INPAGE_ERROR


「もうすぐハードディスクがぶっ飛ぶから、保存しな!」
っていう断末魔にも似た美しい青の画面。

再起動しても1時間しかもたないこともあれば、
4日くらい何も起こらないこともある。

でも、結構、重要な文書を書いているときや(ほとんどない)、
恥ずかしいことをしているときに(こっちだな)急に死んで、
よくわからないけど、作業中の何かがナニしたらイヤだな~と思って。


またDELLさまにTEL。


結局、見積もりを出してもらった後、ハードディスク交換に
なるようデス。

ちなみに、引き取り&交換工賃で2万円。
ハードディスクが1万3千円くらいだそうだ。

有識者の方々、これだったら交換したほうがいいよね?




さ、楽しみにしていたシンガポールパーティーに行ってこよ!

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

愛が生まれた日
3年弱に渡った戦いが、ようやく終わりを告げようとしている。

あまり、こういうネタは好きでないけど、
他に困っている人が、必ずいるであろうから、
書いておこう。

相手は

DELL

                     です。

あのデル。
”引っ込む”じゃない方の”出る”・・
でもない方のDELL。


今の部屋に越して来たとき、デスクトップとモニタをDELLに
一新した。
理由は・・・アメリカっぽかったから。
(この辺から、間違っていたのかも)

本体はさて置き・・
モニタは26インチワイドテレビチューナーつき
つまり、26インチでテレビも見られて、パソコンもできる、
という今でこそ当たり前になっちゃったけど、
当時は鮮烈だったモデル。

26インチワイドでいろんな動画とかを見たいわけじゃなかった。

ワードやりたかった、ワード。
でか過ぎて面白い。

友達呼んで
「オレ、ちょっと仕事するわ。」って
それでやると間違いなくウケた。


そんな愉快なモニタ、それはいわゆる
「DELL・W2600」というモデル。

コレ、おもしれ~な~・・。

しかし、そんな日も長くは続かなかった。

もちろん、テレビとしてのみの機能も備えるW2600。
ある日、テレビだけ(つまりモニタ)の電源を落として
仕事に集中すること数時間、ちょっと息抜きにTVでも見ようと
思って、電源を入れたら・・・入らない。

何度、やっても入らない。
パニック。

だって、オレ、北関東で1、2を争うメカオンチだもん。
メカって言ってること自体オンチだろ?

それでも頑張ってDELLに電話。
言われたとおりに全ての接続をやり直してみたりみなかったり。
パソコンに詳しい人と美容師さんに対しては、
徹底的に下手にDELL,間違えた・・出るオレ。

「すみません、すみません、
それでも電源が入らないのです!!」

「わかりました。交換の手配をします。
そちらに新品を送るので、返品してください。」

神はいた。
マラドーナだけではなかったのだ、神は。


数日後、同じものが送られてきて、もとあったW2600を
その箱に梱包して、再度、宅配業者に持っていってもらう。

しごく、簡単。
さすがアメリカ!!
やることがクールだ!!
DELLバンザイ!!!


しかし、バンザイも3日くらいしかもたなかった。
もう電源入らない。

メカオンチで味覚オンチのオレもさすがに気づいた。









オレ、大殺界だった










ちがう・・。

「二度も続くのはおかしい」ということに。



ネットってすごいね。
ちょっと調べたら、全部出てた。
沢山の人がW2600の同じ症状で困っていた。

なので、DELLにたずねた。

T「まだ壊れた」
D「え~、それではコンセントを入れ直しまして・・・」
T「全部やった。もう2回目だから。」
D「それじゃあ、交換の手配します。」(あっさり)
T「また不良品が送られてくるの?」
D「と、申されますと?」
T「知ってんでしょ? コレ、不良品だって?」
D「・・・。」
T「次に送られてくるのは、その不具合は直ってんの?」
D「私どもはメーカーであり、
 そういった修理を行うことはできません。」
T「え!? また同じ不良品を送ってくるということ?」
D「”同様の製品を”、でございます。」
T「いや、直してよ。」
D「こちらではなんとも・・」
T「いや、直せって。」
D「ですから・・」
T「(汚い言葉)」
D「(同じような言葉)」

※以下、同様に繰り返し


ってことです。

仕方がないから、さらにネットで調べると、
電源を切らずに別の使っていないモードにしておけば、
何とか回避できるとのこと。

それしかないか・・。

というのも、このモニタ「3年間無料交換サービス」みたいのに
入ってたの。
だからDELL側では、サクサク交換してくれる。
こっちも、途中壊れたとしても3年間、いつでも新品が使えると
思えばいいか?(不良品だけど)
ということで、また送ってもらった。


ただね~・・他のモードにしておくってことは
電源を切らないってこと。
このW2600、コンセントをこまめに抜いて放電しないと、
落ちたときにイチコロなんだよ。
っていうか、コンセントをこまめに抜くってなんだよ。

オレの場合、モードを変えて黒い画面にしておいただけだから、
電源を切っちゃえば、ほとんどプツン。


なので、その後も・・
②条件反射で電源落として交換

③遊びに来た友達が「テレビ見よ!」ってつけようとして交換
 DELLに連絡すると、カタコトの女性が出て、ほとんど
 話が進まない。

④なんかの拍子にリモコンの電源ボタン押して交換

⑤泊まりにきた友達が、朝方、勝手にテレビを見ようとして交換
 このあたりで、DELLに連絡すると、
 「モニタの番号とアナタが一致しないので、
 どうすることもできない」との答え。
 いろいろ調べてみてもらっても、わからない、の一点張り。
 イヤだったけど、汚い言葉を投げかけたら
 「よく調べてみます」→ 「確認できました」だって。

⑥停電で交換

⑦画面が緑になって交換(これは別の不良)

⑧泊まりにきた後輩が、サッカーを見ようとして交換


の歴史を重ねた。

そして、交換サービスも残り数ヶ月となった先日・・


⑨東京大停電で交換


しかし、今回の電話は今までと違うものとなった。


T「また壊れた。やることはやった。」
D「お客様、ご提案ですが・・」
T「この期に、およんでなんだ?」
D「ほぼ同じモデルで新たな型番のものとの交換を
  検討してみてはいかがですか?」
T「・・・電源不良は?」
D「ございません。」


ようやくだ。
交換期間を過ぎていたら、何を言っても無理だったろうな。

しかし・・

▽交換の手配をとる 「③営業日後には配送されると思います」
▽2週間経ってもこないので連絡すると「2週間強かかります」
▽3週間たってもこないので連絡すると
 「今日は土曜日なので、月曜に工場に確認して連絡入れます」
▽月曜に連絡がこないので、連絡すると「今、在庫がありません」
▽アイ~ンってなってると、突然、電話がきて
 「今、在庫が見つかりました!!」





で、届きました。
確かに、少し形状も変わっているようですが、ほぼ一緒。
今のところ(っていうか3時間くらいだけど)電源も落ちない。



それにしてもDELL、ひどいメーカーだな。
この製品だけで決められないけどさ~。

この重いモニタを何度、運んだことか・・
いや、オレより佐川急便の兄さんには迷惑をかけた。
もう、顔なじみになっちゃったもんな~。




って、わけで、仕事環境が整いました。
全国のファンのみなさんに初公開です。





CIMG0726.jpg




左から・・
本体
●ハードディスク
●モニタ(SONY)※一度、電源が落ちたとき、
どーしても送らなきゃならない原稿があったので、
近所で朝一に買った。
●例のモニタ
●ルーター
●ロケーションフリー

そして、
●ノートパソコン
●PSP

右下に、
●テレビデオ
●スゴ録

何がすごいって・・


テレビが最高5画面で見られる!!
(モニタ2つとノートとPSPとテレビ)

見ないけど!!



このモニタ2つはね、デュアルモニタにしてあるから、
マウスを自由に移動させることができるんだ。

株のデイトレに最適だね!!!

デイトレやらないし、株負けてるけど!!




あ~、長くなったので、
ビート・クルセイダースの話はあとにします。


※DELLに詳しい方、怒ってる方、様々なご意見あると思いますが、
 オレに「甘い!」とか怒らないでね。
 良きアドバイスはいただきます。
 でも、もう買うことはないな。

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記

Be TARO!

もともと、将来につなげるために、ブログをはじめた。
忘れやすい性格なので、記録して、後々、振り返り、
何かのヒントにするために。

なので、いちいち、面白くしようとかしないで、
事実だけを、記すことにしました。

勝手言って申し訳ありません。


ということで、週末の報告。









CIMG0716.jpg


コワイお兄さんが、ボクの家にやってきて、
「長澤まさみのグラビアを見せろ!」と脅迫してきました。
仕方なく見せると、とりあえずはおとなしくなりました。


でも、「この家、サイコ~!」といつまでも居座ろうとするので、
近所の公園に連れていって、ボコボコにしてやりました。


CIMG0717.jpg


彼はぐったりしました。


このままでは、ボクがつかまってしまうので、
コイツの亡骸を、どこかに隠すことにしました。

でも、なかなか動きません。

そこで、イヌに引っ張らせることにしました。






CIMG0718.jpg


それでも、なかなか動きません。







ああ、全然、ダメだ。
とにかく、写真のテストでした。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。