タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お前か~!!!!!

最高。

本当にここ数年で最高。


映画じゃない。

でもDVD。

最高だな。















vpbq-19050.jpg




マキシ

すごいね、コレ。



寝る前に流してるけど、全部見ちゃって、朝まで眠れない。






ドラムのね~ちゃん、意外としゃべるんだね。

筋肉あるし・・ってか、ガタイいい。





誰かに似てるな・・

<以下・内輪ネタ>









2008032803330000.jpg


ミ○グ


動画はもっと似てる。
DVDあと、1セット余ってるけど、誰にあげようかな?
やっぱり、マキシファンの「マシキマム・ザ・亮ちゃん」かな。






スポンサーサイト
オールラウンダー

名古屋以来、『グルメリング』と『シネマリング』が止まらない。


名古屋の翌週、大阪では・・

2008031519330000.jpg


真ん中をずっぽし潰して、蓋をして蒸す『おかる』。
これはいい。
全く、お腹にたまらない!
ボンビーメンには向いてない。


2008031520270000.jpg


そして、かすうどん。

関東人には馴染みがないけど、こっちで当たり前らしい。
すじ肉のようなものをすっかすかになるまで揚げて、脂をとばしてヘルシーになった
通称「かす」が入っている。
すっかすかなのに、そこから出汁が!
これは新食感。
店は『山本』??

で、最後は初心に帰って・・・

2008031523550000.jpg


これですね。


ちなみに、夜であと2軒。
さらに朝、あと1軒行ったけど、そこはシークレットで。




まあ、何、食おうが、関係ないね。

面倒くさいから映画は次にする。



っていうか、やっぱりオレ、自営業でも芸能人でもないのに・・
なんで、こんな報告してんだろ??

って改めて思う。



やめてもいい?


なんだかみゃ~

慣れたせいか・・・もう全く苦じゃなくなった週末出張。

よって、最近は日帰りにするようにしている。
自分に変なご褒美とか快楽とか必要なくなってきたから。


でも、今回グルメ先輩に誘われて・・・・因縁の地・名古屋へ前乗り。

※どうして名古屋が因縁なのかは、ボクの数少ないフレンズに聞いてみてください。




花粉のそぼ降る中、先輩の「確実に1点を先制したい」との一言で、

15612154.jpg


蓬莱軒へ。
そりゃあ、美味い。
美味いに決まっている。

ということで先制点。

1-0。


その後は、何とレイトショー!
東京だとオールってイメージだけど、こっちは21時から。

そこで公開されたばかりのこれを観る。

3311824667.jpg



そう『ジャンパー』



主人公は、何が目的で、何のために跳んで、追う方はなぜ追って、
彼女はどうして主人公が好きで、お母さんは・・・???????


とにかく世界各地の名所を俯瞰で眺めることができるので最高!!!
絶対、観て!!!!!!
(悲しみは分かち合いましょう・・)

ということで、逆転される。
1-3


映画を観てから、また食事!
今回はベタがテーマなので、名古屋名物・台湾ラーメンin味仙!

でも、何で名古屋が台湾ラーメンの本場みたいになってんの?
変なの。

そのイメージのまんま・・・

324049973.jpg


美味しいんだけど、なんでここで食べてるんだろう??
みたいな印象。

味噌カツアマ~!! 小倉アマ~!! とかだと不味くても意味はわかるけど、
これはちょっと・・・。

あと、辛すぎ!
汗だく!!!

美味いけどね~・・・ってことでスコアレス。

結局、1-3のまま。


ビハインドを跳ね返すため、先輩と一旦、ホテルに戻ったと見せかけて、独りネオンの中へ!



がっ、しかっし。




「G馬県より暗く静かだ名古屋」


かくして、試合は今、ハーフタイムに差し掛かった。

500mlのチューハイを6本買って、今現在、3本が空いた、という意味で。

GYUNYU
またまた全く関係なく映画を見た。

きっと変な動画サイトを発見したに違いない、と思われるほど、
最近、無意味な映画を見ている。
っていうか、なんとなく見逃していたものを見ている。



今回は・・・・


『UDON』


UDON



まあ、映画はともかく・・・うどんは美味しそうだった。

ガンコなご主人が、チビっ子にそっとうどんを食べさせてあげるシーンを見て、
過去のトラウマが爆発した。









小学生の頃、毎日、給食に出される牛乳が市内の牛乳工場から配送されてきた。
その配送車が着く場所の近くには、ストリートフットボールに相応しい場所があり、
いつの日か、自分は牛乳を運び入れる若者と親しくなった。

「牛乳のお兄ちゃん」と呼ばれていた彼・・・すみません、イージスとは本当に無関係です。

牛乳のお兄ちゃんの口癖が、
「今度、工場においで! 好きなだけ牛乳を飲ませてあげるよ!」

そう言われても牛乳なんて、それほど飲めるわけではない。
そんな僕らに・・

「コーヒーもアップルもあるさ! ミックスもあるよ! 絶対、来いよ!」
満面の笑み。
いや、味の問題じゃなくて・・。


とは、思いつつ。
今もなお持ち続けている社交性が災いしたのか、あまり自己主張しない友人を連れて、
ある日・・その牛乳工場へ。

おそるおそる覗き込むが、兄ちゃんはいない。
そこで、持ち前の社交性を発揮して、「○○小に配送をしているお兄さんに呼ばれたのですが?」
と、オッサンに尋ねる。
すると・・・

程なくして、兄ちゃんが現れる。
いつもの満面の笑みではなくて、引きつった顔で。

















「(リアルな舌打ちあって)マジで来たのかよ・・

ちょっと、あっちの角、行ってろよ・・。」











あららら・・これはこれは・・・・。
と、思いつつ一応、待たなければならないと思う幼きボク。


しばし、待つと、小走りにやってくる兄さん。




「ホラ、これやるから、さっさと帰れ!」

「これ白じゃん・・コーヒーとか・・ミックスとか・・」

「いいから! ビンはそこに置いておけ。」


立ち去る兄さん。

















ただ、なぜか、それほどショックではなかった。
まあ、そうだろうな~と。


一つだけ願いが叶うなら、現在の兄ちゃんの住所とか連絡先とか知りたい。


あ、そうだ・・・














デロリアン





コレに乗ればいいや。




本当にやってないから
すごく今さらだし・・

昨日、TVでやってたのに、それで見たわけでもなく・・・


普通に、個人的に見た。







『それでもボクはやってない』

ぼくはやってない


やってないんだろうね?


「裁判官を裁けるのは、ボクだけだ。」というのはなるほど。

やってないからね。









お酒が好きでね、自分。

そうなると、もういかに混んでようと電車。
酔って乗る電車も好きだし。



ただ、触るとかないから。

そっちじゃない。
そういうのは理解できない。


なので、みんな、守って。
捕まったら。
ってかなるべく女子は避けてオッサンのところに行くようにしてるけど。
これはこれで結構キツイ。

っていうか、もう電車乗りたくない。


なんだかんだのトラブルで、クルマ売却して10ヶ月ほど。
そろそろムダに買おうか。
すごく眠いときにクルマ通勤はツライけど。
裁判はもっとツライから・・・。



こんな感じの

デロリアン








これで過去・未来に行って、やりたいことがあるんだ。



当てて。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。