タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらにその奥にあるもの
「算数なんてわからなくても生きていける」

そんなことを口にする子供がいます。
ボクは、このセリフと全く同じことを先生に言ってしまったがために、
当時、まだ体罰が愛情の1アイテムとして捉えられていた70年代・・
グーよりパーの方が、張り方によってはかなりのダメージを受ける、という
相撲の張り手の怖さを知りました。
その日の夕方、その先生の宝物である車(新車)には、技術家庭で使われる
「センターポンチ」という鉄にくぼみを刻む道具で、オリジナルのエンブレムが打ち込まれたことは
言うまでもありません。

そんな昔話がしたかったわけじゃない。
非常にシビアな毎日を生きていると、逆にドリーム、つまり「理想」が目に付きます。
「ぜったいビッグなミュージシャンになってやる」
「レストランを立ち上げて全国展開してやる」
これはわかる、確かにドリーム。
でも、わからないのが、大学院とかに残って妙な研究をする人たち・・。

(くれぐれも言っておきますが、そういう人たちがかっこ悪いとか、
ダメだとかそういうことではありません。本当に。)

例えば某体育系大学でよく目にしたのが、「インステップキックの角度が○○」とか。
単純に考えると、そんなことプレーヤーは考えていないし、それを解明したところで各クラブから
お金が入るとも思えない。

インステップなんか、まだわかりやすいほうで、世の中には本当に誰も知りたくないようなことを
研究している人いるよね?

では、なぜ?
まあ、自分が知りたいことを知ろうとするのはわかるけど、そうでもないような気がする。
そういう人がいないと困るケース「~市の下水道における~」みたいなのはわかる。
でも、インステップの研究・・結構やってるよ。

まあ、大学院でムダに時間を過ごして就職を先延ばしにしよう、という人も多いだろう。
コネづくりの人もいるだろうしね。全然関係ないところに就職したりするし・・。

わかりやすく言うと・・「研究者って何?」ってことかな。
研究費なんて一握りの人間しかもらえないでしょ?

いやいや、理系のものは確かに専門職だから、ちょっと話を変えます。
「心理学」ってあるよね?
心理学の先生って、どんな性格なの?
心理学の論文発表会(そんなのあるかわからないけど)で、
A「~だと考えられます。」
B「そんなわけねーだろ!」
A「なんだとテメー!」
B「うるせー、この○チガイ!」
とか、ならないの? ならないか? 
でも、心理学の人でも「あ~、この女子高生にタッチして~」とか思うわけだろ?
わかった! そのときに息子を静かにさせる方法とか知ってるんだ!
おせーて! おせーて!

はあ、言いたいのはこんなことじゃなかった、もっと面白いオチがあった。
でも忘れた。

わからないお仕事シリーズ。
来週は「SE」です。
だって、システムだろ?
世界で1人の天才が作ればいいだろーが!



img_913402_13512038_0[1].jpg

ということで、先日、恵比寿にできた『もつ擴(ひろ)』のもつ鍋を食べました。
いやいや、またまたきますね、もつ鍋ブーム。
バブル期を思い出します。
スポンサーサイト

テーマ:心理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatsuyax.blog32.fc2.com/tb.php/1-439ec51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。