タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目覚め
ところで、みなさんは”掘られた”ことがありますか?

車でオカマを掘られた?
普通にオカマに掘られた?
庭を勝手に掘られた?

まあ、いろいろある。

女子の場合だと、単純に掘られてたりするのでしょうか?
それはそれで。




とにかく・・紹介状を握り締め、
自分的には正気じゃないほど早い時間に起きて(9時)
大学病院なるところへ向かった。

歴史がある病院って、権力が集中している割にかなりボロい。
また、それが恐怖心を煽るのですが。

事前の自己診断では・・
紹介状をもらったということは、町医者レベルでやったことは
もう了承済み。
つまり、その上のステージ・・何らかの”麻酔”、何らかの”手術”。
この辺は覚悟していた。

やけに澄み渡る御茶ノ水の空。

そんな青空とは裏腹に、オレにはかなり曇った心配事があった。
至極、簡単なことだ。


前日、飲みすぎた。


ノドの診察なのにね。
ブチまける寸前状態なんだよね。
怒られるよね、30台半ばなのに。

そんな不安と、待合室に溢れんばかりのご老人をよそに、
意外にすんなり診察が始まった。


予想では、そこで問診をして、何か意思確認とか親の連絡先とか
聞きつつ、全身麻酔で気づいたら終了・・かと思ってたんだけど、
サンボマスターのボーカル似のお医者様は
「じゃあ、ファイバーで診ます」とポツリといったまま、
おもむろに鼻にファイバースコープを。

「昨日、やったじゃん。」

さすがに、昨日やられたときはビビった。
鼻から、スコープがドリュ!ってのどのほうに流れて、
画面に映し出される、オレの恥ずかしい部分。
っていうか完全な”内部”だから恥ずかしくないけど。

ほっしゃんはうどん芸のときに毎回、こんな思いをしているのか?
まあ、慣れるのか・・。

そう、オレも実は、2日連続なので、幾分、慣れていた。

しかし、町医者とは違って大学病院のお医者さんだから、
シュっと探して、スっと抜いちゃうんだろうね。
なんて思ってたけど、かなりの苦戦。
しかも、な~んにもしゃべらない。
そのうち、スコープを抜いたと思ったら、
「カンシ付きで。」

でた、カンシ。
ワイヤーで先っちょでチョン!のアレ。
ってことは、見えたのか? サンボ?

「ありましたか?」
「形跡はある」

でた、大学病院勤務医口調。
でも、やっぱり頼れるな~。

と、思ったのもつかの間・・サンボが珍しく向こうからしゃべった。



「ちょっと、太いです。」



ちょっと、太い・・オレもそんなセリフを言ってみたい。
っつーか、骨が太いの・・?
そんなことを考える間もなく、目の前に現れたなんか
オトナのオモチャみたいな道具。
確かに、ちょっと太い。

さらにサンボが続けた。


「ちょっと、痛いです。」

言い終わるのと同時くらいに・・





いった~い・・何すんの?

(あのねのね風)





痛い、痛い、逢いたい、いや、痛い。

鼻の粘膜を突き抜けて、気がついたら、何かがのどに。
もう、ズボ!って音がした。
自然に溢れる涙、そして抵抗できないカラダ。


「オレは女子か?」


しかも、痛い。ずっと痛い。

さらに、さらに、角度をつけよう、ということで、
一旦、引き抜いてから、逆サイドの鼻にズボ!


鼻腔の大きさは左右で違うらしい。
後から刺したほうは、かなり狭かった。


より痛い。
倍、痛い。
よくわかんないけど、サンボの腰を押さえちゃった、なんで?


でも、これでズボっと骨を抜いてくれるわけだ。
と、思いきや、そこから十数分、探し続ける
その間もずっと痛い。

すると、おもむろにサンボが言った。

「はい、じゃあスコープ抜きま~す!」

おっと、さすが、サンボ!
クールな顔して、もう仕事してたのかよ!!

抜くときも激痛。
ジュポ!!


「ないですね。」


ハァ~~~~~~~~~~???


でも、全く怒れない。
犯された直後だから。

言うこと聞かない犬をしつける場合、
ツ~ケ~のナ~ア~に指を突っ込んでやると、
主従関係が明らかになる、というが、
確かに、ナ~ア~に異物を挿入されると服従しちゃうね。
それ、初めて知った。

もう、うっとり、いやぐったりしているオレの口を開けさせて
文明に頼らず、直で打開しようとするサンボ。
なすがままのオレ。
最初こそ、昨晩のイベリコハムがこんにちは、しそうになったけど、
もう、完全受け入れ態勢。


そんなこんなでさらに十数分後・・


「これじゃないよね?」
サンボが小さな糸みたいなものをピンセットでつまむ。
舌で確認してみると、異物感がない。

「それです。」


こうして、レイプは静かに終わった。

オレは、まさに”骨抜き状態”となって病院を後にした。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これって実話ですか? ネタですか?

最後の骨抜き状態ってのが、
うますぎるので、多少疑ってしまいます。
それが言いたいがためのネタなんじゃないのかと。
シマダシンスケに話したら、絶対にネタだと断定されますよ。

完全に作家が書いたネタだとしか思えないです。

もしかして、作家としての才能があるんじゃないですか?
2006/02/04(土) 09:47:38 | URL | 極悪P #L3IZTYfI[ 編集]
>>極悪P

僕も同じこと思いました!株なんかで食ってけるわけ無いんだからこれだけ書けるならバラエティとかに売り込みにいきなYO!
2006/02/04(土) 11:29:06 | URL | だいくん #-[ 編集]
いやいや無理だYO!

ってか”作家”って何する人?
2006/02/04(土) 11:36:33 | URL | タツヤックス #-[ 編集]
実際、作家に頼りっぱなしの芸人とかもいますから、そうゆう人にネタ売ったらいいんじゃないですかー?

いちおう僕も某テレビ局で極悪プロデューサーやってるんで、本気で作家やる気なら、紹介してあげてもいいですよー。

まずは芸人やってもいいかもねー?

ちょうど今度の特番で、兵隊系のネタができるピン芸人探してるから、やってみる?
2006/02/04(土) 16:41:47 | URL | 極悪P #L3IZTYfI[ 編集]

笑わせてもらいましたよ~(爆)。
ネタでも何でも、笑えればよい!
内部を見られる恥ずかしさ。
女性の気持ちもわかって、これから役に立つのでは?
2006/02/05(日) 01:16:27 | URL | しんちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatsuyax.blog32.fc2.com/tb.php/24-c2c1d77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。