タツヤックス・トロイカ
タンポポには利尿作用がある
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近くて遠い県
静岡に出張。

これまでも、かなり良いサッカー番組を作っていたテレビ静岡から
新番組のお呼びがかかった。

内容はまだ明かせないけど・・
ドイツW杯でなぜ日本は敗れたのか?
何が足りなかったのか?
みたいな、ユニークな番組。

まずはサッカー解説者、風間さん(飲み仲間)が、
清水でやっている「スペシャルトレーニング」を取材。

街全体で協力してるという、このスペトレ。
もちろん、清水が誇る「Jステップ」
(2002年にロシア代表が合宿したところ)
で、ガンガンナイターでやっているのかと思いきや・・
高校の土のグラウンドでやっているとのこと。

あ~あ・・と思ったのもつかの間・・・
”清水”で”高校”・・!!!?



ということで、やってきました。



CIMG0751.jpg



キヨショー!!!!!!!

やっぱり感動しちゃうよ!
あのキヨショー!!


そして「スペシャルトレーニング」がスタート。


CIMG0753.jpg






このスペトレ、すんごい!
何がすんごいかって・・・


大体、中1から高2くらいまでが集まっているんだけど・・
清水東と清水商と清水FCから選抜された人間だけが
参加を許されるトレーニングなんだって!!!


ドッキドキではじまったスペトレ。
まずは、ボール回しから。




CIMG0754.jpg






30人くらいを半分に分けて、5つほどのボールを使い、
ボールを取られたら、取られた人間と交代して
取る側にまわる、という単純なもの。
一定時間が経って、取る側だったら、ちょっとしたジャンプの
罰ゲーム。

すんごい、構えてたけど、「これならオレも入れそう」と
最初は思ってた。


でも、違う。

それに気づいたのは、自分たちが幼少時代にやっていた頃と
比べてみたから。

オレたちだったら・・
・アップだから、かったるい
・罰ゲームがイヤだから、パス回しにかかわらないようにする
・微妙な判定のときに相手のせいにする
などなど

その瞬間を何とかやり過ごすことに終始する。

しかし、彼らは・・
・ガンガン、テクを使う
・どこかでボールを回した足で、そのまま振り向いて、
 別のボールに絡む
・何かの順番であるかのように、取る側に回る

書いてみても伝わらないけど、
とにかくブラジルみたい。

この年代で、この年代にありがちな子供同士の無益な争いがない。
その辺もスペシャルなんだな。



続いては、シュート練習。
これも2列に分かれ、片方からパスを出して、
片方が止めてシュート!
という至極、単純なもの。


CIMG0756.jpg


(※ちなみにこの右の二人が風間さんの長男と次男!
二人とも将来の日本代表候補。
父親がつけていた8番を二人ともつけているのがカワイイ)


シュートって、出す側があわせて、それをFWが受けて蹴る。
つまり、出す側が悪いとダメみたいな感じだけど、実は違う。

FWには「引き込む動き」ってのがあって、
日本のFWはそれが下手。

わかりやすく言うと、世界で巧いのはオーウェン。
確かにVTRなどで見てみるとすごい。
狭いスペースでも出せるスペースを生み出すのはもちろん、
オーウェンは、手で示してみせたりする。


そのためのシュート練習を延々と繰り返す。
オレたちのころは、シュートが入るか入らないか、で考えてた。
ズバっと決まるか? 上に外れてテニス部のコートにぶち込んで、
ロマンスを育むか・・?

次元が違う。
しかも、彼ら、一瞬のスピードで受けたら、
もうシュートは当然、外さない。

でも、満足しない風間さん。
このあたりから、ちょっとついていけなくなる。


とにかく、いろいろ大変らしい、清水では



そして、ラスト・・どんなものがくるのかと思ったら・





CIMG0757.jpg



やっぱりゲーム。
オレらといっしょじゃん。


で~も、違う。
テクニックはもちろん。

全体的に「うまくなるためにやっている」というのが徹底されてる。

例えば、オレたちのころだとやっぱりやらされてたから、
「コーチに怒れないように」
「トモダチに嫌われないように」
考えてたから。

その証拠に、持ちすぎちゃったり、変なところにパスを出したとしても
ちょっとした名門高校でも聞かれる
「中途半端なことするなよ!」
「見て出せよ!」
という声は、全く聞こえない。

かといって、超ハイレベル人間が達観してサッカーをやっている
わけではない。
オレから見ても、ミスはミスだな、と思う。

じゃあ、なんで?

その原因は、ラストのミーティングで判明した。

「もっとアイデアを出せ」

通常の練習は、それぞれの学校でやっているので、
ここはさらに技術を重ねるための場所。
特に、技術といっても、技というよりは考え方。



結構、そこの差は大きい。
逆にいえば、ちょっと考えを変えただけで、格段に巧くなる。



ということで、風間さんにもっとお話を聞くために、ここへ。




CIMG0758.jpg



ちなみに、カズの兄、ヤスがいて、挨拶しにきてくれた。
さすが静岡。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが清水ですね~
テニスコートに打ち込みましたが、ロマンスは生まれなかった店長です。
八高線の線路まで飛ばしたのはわざとです。^^

この世代も相当レベルが上がっているのですね。
綺麗に崩すことよりも、相手の裏をかく方が大事なのですね。
僕らの頃は牧歌的だったな~。
2006/09/23(土) 09:01:21 | URL | 店長 #-[ 編集]
ポートピア連続殺人事件のヤス
ずんのやす
ヤスは常に注目ですね
2006/09/23(土) 09:47:25 | URL | だいくん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatsuyax.blog32.fc2.com/tb.php/56-8a254e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。